田舎の夏と女子高生。
Summer Color`s Photography

夏色フォトグラフィー

summer color photography

夏と田舎と女子高生。

 

過ぎ去る夏の日、

消えゆく田舎の風景、

女子高生という、長く短い三年間。

 

どれも儚(はかな)いのに、

どうしてこんなにキラキラ輝くのか。

 

僕は、そんな儚く尊い瞬間を

写真で切り取らずにはいられなかった。

 

大好きな夏の色と共に。

 

カメラマン うちだしんのすけ

フェルケール写真展_告知画像_w600.png
夏色フォトグラフィー写真展@フェルケール博物館(静岡市清水区)
2021年 4/1 (木) - 5/30 (日) 9:30-16:30 ※月曜休館(5/3は開館) 
web用_写真展DM.jpg
 
夏色セントラルギャラリー告知画像作成003_決定.jpg
5D3_1880-1.jpg
夏色写真展_コテラスDMおもてのコピー.jpg
 

2019 Photography

5D3_0846-15.jpg

ももか & ゆいか

ロケ地:愛知県東栄町

5D4_1023-6.jpg

まりの ゆあん さりか

ロケ地:愛知県豊橋市

2018 Photography

その他の写真は近日公開!!

2018 Photography

 
5D4_0435-2.jpg

もえか & れん

ロケ地:静岡県焼津市 焼津港周辺

5D3_0241-1.jpg

りん & あまの

ロケ地:静岡県静岡市 平野周辺

5D4_0093-3.jpg

あや & ちさ

ロケ地:静岡県焼津市 焼津商店街周辺

5D4_0186-1.jpg

れな

ロケ地:静岡県静岡市 安倍口・足久保

5D4_0026-21.jpg

もえか

ロケ地:静岡県焼津市 焼津海上花火大会

5D4_0032-3.jpg

ゆうか & こころ

ロケ地:静岡県静岡市 丸子(舟川)

5D4_0241-1.jpg

り こ

ロケ地:静岡県島田市 金谷周辺

2017 Photography

 

なみ & まほ & ゆうな & なつ

ロケ地:静岡県焼津市

さとみ & あみ

もも & なな

ロケ地:静岡県静岡市宇津ノ谷

5D3_0247-7.jpg

みさき

ロケ地:静岡県榛原郡吉田町

ロケ地:静岡県静岡市大沢

2016 Photography

 

みゆう & まひろ

ロケ地:静岡県藤枝市瀬戸谷周辺

こころ & みずき

ロケ地:静岡県藤枝市岡部町周辺

なぎさ & なお

ロケ地:静岡県静岡市丸子、大浜海岸

 

2015 Photography

はるか

ロケ地:静岡県富士宮市柚野周辺

なあぱちょ。

ロケ地:静岡県富士宮市村山周辺

なぎさ

ロケ地:静岡県富士宮市野中周辺

ゆゆ

ロケ地:静岡県富士宮市村山周辺

IMG_0757-97-37-1-2

田舎

 

田舎の風景は、

いつも僕をノスタルジックな気分にさせてくれる。

 

僕は、静岡という山と海に恵まれた土地に生まれ育った。そのせいか、青春時代と田舎の風景が絶妙にシンクロする。

 

そんな田舎の風景も、都市開発や建物の老朽化による建て直し等によって、年々失われつつある。

 

今こそ、古き良き日本を見つめ直す時なのかも知れない。

 

 

僕は夏が好き。

特に、深い青空にもくもくと浮かぶ入道雲が好き。

大きくおおらかにのぼっていく雲をみつめていると、どこからか希望があふれてくるようで、気持ちも明るくなる。

だから僕は、晩夏になるといつも夏の終わりの淋しさを感じる。

それほど夏が好き。

女子高生

 

女子高校生という三年間。

長い人生の中から見れば、それはとても短く、とても儚い時間。

でもその青春時代の記憶は、生涯ずっと心に残っている。

それはきっと、少女から大人の女性へと変わるこの瞬間が、一番輝いているからなのかも知れない。

こだわり

 

「夏、田舎、女子高生」という3つのテーマで構成された「夏色フォトグラフィー」。

 

作品のテーマの中でも一番のこだわりは、「地元の現役女子高生を被写体にする」ということ。

 

田舎で暮らす彼女達の普段の生活に寄り添い撮影することにより、よりリアルに田舎の魅力を伝えることができると考えた。

 

この作品が、日本国内だけでなく世界の人々の目に触れ、日本の田舎に少なからず良い影響を与える事が出来るよう、この活動を続けたい。